2019年07月17日

7月の発売予定表から

すぐ地方(同人)の祭典が予定されていることもあって、例年はそれほど好メンバーが揃わないことが多いですが、今回は頭(本)数はフルゲートに満たなかったものの、注目を集める馬(ゲーム)が多く面白そうな一戦となりました。上位人気どころはどれも勝っても不思議ない力を持つだけに、、懐具合と相談となりますが多少点数を広げてでも当たり馬券を掴みたいものです。

(評価・・・★1点☆0.5点で5点満点。◎~△はぼくの予想印)
※各馬コメントの敬称略
※※馬名(タイトル)をクリックすると厩舎(メーカー)のHPが参照できます。


アイドル裏営業 ~汚されたステージ衣装~ (チャンネル奪)
前走配信ゲーム -目指せ! ネ申エロチューバー-でデビューしたチャンネル奪の2戦目はアイドル裏営業系で挑む。あまり好走した馬のいない血統だったが、他厩舎にはなるものの手垢塗れの天使で認識を改めたところ。前走でも特に問題があったわけではないが、騎手に知名度があり最近活躍の目立つ羽鳥ぴよこを起用して上位進出を狙う。騙すわけでなくヒロインを納得させての枕営業というのはこれまで例がないわけではないが、マネジャーが主人公であるためNTR要素が加わってしまうのがどう影響するか。メインヒロインと対比してのもう一人のヒロインがどう絡んでくるかも気になると同時に楽しみだが、それをまとめるトレーナーの山本ヨルにそこまで信頼はなく、ここではやや厳しいと見る。
期待度 ★★☆

△ココロネ=ペンデュラム! (Clochette)
ヒロインすべてが巨乳ということで知られるClochetteがおよそ2年ぶりに出走させる。堅実に走ってはいるもののカミカゼ☆エクスプローラー!からすると物足りないというのが最近の成績だが、5年ぶりに御敷仁を鞍上に迎えただけに再度浮上したいところ。見どころはトレーナーの顔触れが一新されたこと。といっても姫ノ木あく・保住圭といったこれまでの面々と比べ、高嶋栄二・駒井半次郎といった所では差し引きでプラスになっているかというと疑問。ただ引退したと思われていた荒川工の名前がトレーナー名にあるのが驚愕。といっても恐らくルートのうちの一つを担当しているくらいでは救世主とまではいかないだろう。走り(シナリオ)に関しては恐らく一本調子で萌え&エロに頼る競走となりそう。今回激戦ムードなだけに連下での狙いが精一杯か。
期待度 ★★★

椎名真穂のヒミツ ~ネームはHで思いつきます~ (アストロノーツ・コメット)
アストロノーツの安馬(低価格)専門厩舎であるコメットだが、主戦騎手がたいのねに代わったここ2走は結果が出ていない。今回は清楚そうに見えるヒロインがエロ同人作家という血統(設定)で挑むものの、それほど目新しさは感じない。それでもヒロインと主人公以外にキャラが存在するなど、ただイチャラブに終始するわけでなさそう。メインヒロイン以外にも女性がいるのも注目で、どう走りにアクセントを付けるかで評価が変わる。ただ姉妹厩舎の最新出走馬であるギルドマスターが大不振で、それに引きずられてしまうと力を発揮できない可能性はある。厩舎の沈滞ムードを吹き飛ばすような走りに期待したいが、そこまで望むのは厳しいか。
期待度 ★★

△宿星のガールフレンド3 -the destiny star of girlfriend- (mirai)
この母系(シリーズ)もこれで3頭目。姉2頭の成績を考えればこの馬も充分期待できそう。一応この馬が最後と厩舎が公言しているだけに掉尾を飾って欲しい。今回のメインヒロインである佐竹鹿子は上泉夕里一筋だったはずだが、その彼女が主人公と同居することでどう変わるのかが注目だ。といってもこれまでと同じくイチャラブ主軸に戦うことは間違いなく、騎手であるかんなぎれいが健在なだけに、萌えの勘所さえ間違わなければ大きく外すことはなさそう。他の人気どころがどの程度の時計で駆けるかどうかだが、タイムが遅くなるようならチャンスがあるかも。
期待度 ★★★★

△真・恋姫†夢想 -革命- 劉旗の大望 (BaseSon)
BaseSonが誇る一大母系(シリーズ)の恋姫†夢想の最新馬。一時は不振に陥ったこともあったが、このところは再び活力を取り戻しつつあるのは頼もしい。そこから計算すれば今回も着実に上位に食い込んでくるように思えるが、若干気になるのは、今回の舞台が蜀であることで、魏・呉と比べるとやや成績が落ちる傾向にあること。現実と違い魏・呉と比べると武将数が豊富なのはいいが、その分走りの内容が薄くなってしまう懸念はある。それでも騎手陣の力量やラシックス(声優)の豪華さを考えれば、勝つまではいかないまでにしてもそれなりに格好はつけてくれるだろう。
期待度 ★★★☆

スク~ル催眠ぱらだいす! ~さっきまで全然好きじゃなかったのに!?~ (onomatope* raspberry)
最近出走がない本家に対しおよそ10ヶ月の間隔でコンスタントに出馬登録してくるraspberry。萌え抜き系としてまずまずの成績を残していたが、前走の催眠ぱらだいす! ~催眠術でツゴウノイイ美少女学園性活~では少しミソをつけた格好。ただその原因の多くは主人公のキモさによるもので、今回その全妹(続編)とはいえそのあたりを改良してくれれば変わり身も可能。主戦騎手を雛祭桃子から引き継いだo33がどこまで手腕を発揮できるかだが、エロさえこれまで通りなら問題ない。今回萌えエロ系に強力同型馬がいないのは朗報だが、この馬のようなバカ系は時計的に限界があるのは事実。遅い時計での決着となれば出番があるが、そんな展開になるかどうか。
期待度 ★★★

◎抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか? 2 (Qruppo)
新規開業厩舎ながらいきなりスマッシュヒットを放ったQruppoがその勢いのまま直仔(FD)を出走。父(本編)のアフターが中心とあって、父を知らないファンには敷居の高い内容であるが、そこは父との同梱パックも帯同するとあって心配無用。どう見てもバカ抜き系血統ながら、意外に走り(シナリオ)がしっかりしていたのが父が成功した最大の理由で、取材する限りその走りのクオリティは落ちていない。逆に抜きに関しては期待ハズレのところがあるし、新規ファンがそのあたりをどこまで理解しているかどうかだが、父の走りからしてまず凡走は考えにくい。相手はかなり骨っぽいが、この馬が中心と見るのは当然だ。
期待度 ★★★★☆

猫忍えくすはーと3 (Whirlpool)
渦巻厩舎の猫耳母系(シリーズ)も今回で3頭目。騎手がサーカス出身の鷹乃ゆきで萌えでは上位評価も、姉2頭やその直仔(FD)は結果が出せなかった。それだけに大きな期待は難しいものの、トレーナーである近江谷宥特有の緩い世界観は一定の支持を集めているだけに大崩れすることはなさそう。この厩舎は前走のPieces/渡り鳥のソムニウムが好走していて、その勢いに乗りたいところだが、過去の実績を見る限り時計的に限界があるだけに入着一杯か。
期待度 ★★☆

寝取られ妻・絵理奈 ~愛する妻は他の男の上で腰を振る~ (アトリエさくら Team.NTR)
NTR一本で売るアトリエさくらだが、トレーナーがおんぼろ月以外だと存外だらしない走りを見せることが多い。中でも結果が出ていないのが中森南文里で、過去手がけた馬のほとんどが他厩舎も含めてもほぼ凡走。騎手(原画家)の綾風柳晶はハイパースペースでデビューしたということで不当に評価されている印象はあるが、アトリエさくらではそこそこ結果を出している。といってもそれはおんぼろ月限定で、他のトレーナーと組んだ時の成績は芳しくない。となれば今回も期待できる要素はほとんどないといっていいだろう。
期待度 ★☆

姫と穢欲のサクリファイス (Escu:de)
以前よりも凌辱よりの馬を出走させるようになってきたエスクードが、今回はプリンセス調教に挑戦。一般の調教系と違い主人公が魔族の力を借りて姫を調教するのだが、その魔族が女性というのが目新しい。また取材すると、プリンセスだけでなく魔族とのHシーンもあるということで、エロがバラエティに富むのもプラス材料だ。騎手も蒼瀬・遊丸といったこれまでの厩舎の主戦騎手に加え、ベテラン瑠奈璃亜を起用したというのも大きい。ただトレーナー陣がこうした調教系を手がけるのは初めて。未知数の部分が多い上に、調教系はバランスが難しく、いきなり走るかとなると疑問。相手も強力だけにここでは厳しいか。
期待度 ★★☆

雪の夜、俺は妹を裸にする。 (はむはむソフト)
前走で明るいバカエロ系からインモラル凌辱へと脚質変更を果たしたはむはむソフトだが、今回も同路線で挑むよう。前走は妹に鬼畜な所業をしてしまう主人公という血統(設定)なため、主人公のダメさが強調され抜きに関しては微妙になってしまったが、今回はそのあたりをどう修正してくるか。ただ主人公のクズあってこそ、この血統が成立するところもあって、なまじ改良しようとすると、特長を失くしてしまう危険性もあり美妙なところ。追い切り(体験版)を見る限りは、前走と比べ大きな変換はなさそう。とすると走破時計は前走とほぼ変わらないとみるのが妥当で、今回は相手が強力なだけにやや足りないと見る。
期待度 ★★★

〇流星ワールドアクター (Heliodor)
衣笠彰梧がおよそ6年ぶりに本格新馬を手がけるとあって入厩(制作発表)当時から評判になった馬。騎手も恋と選挙とチョコレートで鮮やかにデビューした春夏冬ゆうを起用と注目を集める材料には事欠かない。追い切り(体験版)もこのトレーナーらしく大物感溢れる動きを見せているが、ただこれまでの衣笠彰吾の手がけた馬というと、追い切り(体験版)やスタート直後の軽快な動きとは真逆に、直線(終盤)になると走るのを止めてしまうことがほとんど。今回も同じ結果になってしまわないか心配・・・というより恐らく同様の結果となってしまう可能性が強い。それでもそんなでもそこそこ結果を出してしまうのが衣笠彰吾の凄さ。目一杯の仕上げでなく恐らく今後登場するであろう直仔(続編)のことを考えるとファンには物足りない結果となってしまうかもしれないが、それでも上位に食い込めるだけの力はあるだろう。
期待度 ★★★★

▲恋愛、借りちゃいました (ASa Project)
ギャグ寄りのコメディ系厩舎として競馬(エロゲー)界ではトップクラスといっていいアサプロ。今回はこれまでトレーナーとして厩舎を牽引してきた天都の姿が消え、恋春アドレセンスでデビューした八日なのか一人に託した格好。デビューの頃は素質はあったものの荒さが目立ったトレーナーだが、アサプロで鍛えられるうちに荒さが取れてきたのなら楽しみ。アサプロといえばヒロインを汚れさせてまで笑いを追及するところがあったが、今回そういったヒロインが見当たらないのが不安といえば不安。それでも追い切り(体験版)を見る限り、軽快な走りは健在。相手はかなり強力だが、前走くらい走れば充分勝ち負け争いできると見る。怖い一頭だ。
期待度 ★★★★

(本紙の見解)当初の想定から有力馬が数頭回避(延期)したが、それでも最近では珍しく力の有る馬が揃った印象。上位どころはほとんど差が無い印象だが、デビュー戦の走りが鮮烈だったQruppoがその勢いを駆って出走させる抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか? 2が欠点のなさから本命。実績充分の衣笠彰梧がトレーナーを務める流星ワールドアクターが逆転候補の筆頭。といっても能力だけなら主役を張っても不思議ないが、直線(終盤)に入っての失速が怖く本命馬に一歩劣ると見た。不気味なのは恋愛、借りちゃいましたでトレーナー変更の影響がなければ、ゴール前先頭に踊り出る可能性も。姉2頭が走っている宿星のガールフレンド3も当然上位を窺ってくる。他にも真・恋姫†夢想 -革命- 劉旗の大望を含め上位は拮抗。波乱含みの一戦だ。  

Posted by 7月の魚 at 15:00Comments(0)TrackBack(0)ゲーム予想

2019年07月11日

あの素晴らしい世界をもう1度

出版業界では最近電子書籍が主流になってきているらしいのですが、保守的なぼくの頭の中ではいまだに紙媒体。そしてAmazonや楽天などのネット書店を利用することはほとんどなく、いまだに本屋での購入にこだわっています。
といってもぼくが子供のころに利用していた町の本屋町のだけでなく、いわゆる郊外型の本屋のまでも現在閉店してしまっていて、少し遠い大手のチェーン店に行くしかないのですが、それでも立ち読みして内容を確かめられる利点は何者にも変えがたいのですね。
特に最近よく購入する麻雀本は玉石混合で、実際目を通してないと同じような内容(戦術)のもの・・・いわゆるカブリ・・・をしてしまうことが多い。もちろん著者によって切り口は違っていて、読んでみて全くの無駄というわけではないのですが、それでも実際目を通して購入した方が、失敗したとしても納得がいくというものです。
そして昔ほどではないですが、今でも2月に1度くらい購入しているミステリーの文庫本でも同様です。ぼくが作者名と紹介文だけ見て購入するのは、ぼくと同じ名古屋在住の太田忠司氏くらい(それでも2/3くらいは未読)で、他好きな作家は多くいますが、さすがに表紙だけ見てすぐレジに持っていく事はなく、軽く立ち読みしてぼくの趣味に合わなかったりしたらオミットするのです。その代わりよく知らない作者でも立ち読みして面白そうと思えば(創元推理文庫のものが多い)購入することも多いわけで、その中に拾い物があったりするのです。そういった作品の中で一番楽しめたのが映画化もされた(らしい)井上尚登の「ホペイロの憂鬱 JFL篇」(もちろん映画化前に購入、読了)で、こうした血生臭い殺人事件が起きない軽いミステリーがぼくのお気に入りなのですね。

そんなぼくが先日発売されたリツミサンの「超メンゼン主義麻雀」を購入しに行ったついでに文庫コーナーを歩いていると、棚の間に樋口有介氏の「横浜ではまだキスをしない」(ハルキ文庫)を発見。樋口有介氏といえばデビュー作の「ぼくと、ぼくらの夏」の評価を大きく改めてから、それまで出ていた著作を数本(「林檎の木の道」「月への梯子」ほか)購入したのですが、全く面白くないというほどではなかったものの、デビュー作以上のものはなかったというのがぼくの見立て。ただこの「横浜ではまだキスをしない」を手にとってあらすじを読んだとき、あの「ぼくと、ぼくらの夏」の世界が再び蘇ってきた印象がありました。

実のところ、ぼくが思っている樋口有介氏の作品というと、非常に良く似た設定が多く「ぼくと、ぼくらの夏」は父子家庭だったのに対し、「林檎の木の道」は母子家庭。いずれもその親が家庭的に問題がある人物で、そのためか主人公が中高生に似つかわしくないシニカルな思考をしたり,・・・と何かパターン化されているような気がします。そして今回の「横浜ではまだキスをしない」もそれを踏襲し、主人公は母子家庭で性格もほぼ同様。それをワンパターンと見るかどうかは別として、作者が得意としている世界であり、薬籠中のものであることが分かります。
その「横浜ではまだキスをしない」ですが、過去作と同じく「古い革袋に新しい酒を盛る。」という結果になるかと思いましたが、今回は違いました。

といってもこの作品、狭義の意味でのミステリーとして見ると、「ぼくと、ぼくらの夏」以上に謎解き要素は薄い。またご都合主義とも取られかねない設定(突然現れた腹違いの姉が警察官で、主人公(高校生)に重要情報を漏らしてくれたり、10年ぶりに逢った幼馴染が超上流階級のお嬢さまで警察上層部に顔が利いたりなど)もあって、トリック至上主義の人だけでなく、普通の推理小説マニアが見ても眉を顰めてしまうかもしれません。その上このミステリーの主眼の1つである猫に乗り移った少女の正体については、ぼくのような勘の鈍い人間でもおおよそ見当が付いてしまいました。

それでもこの作品が面白く感じられたのは、「ぼくと、ぼくらの夏」が現代の感覚で読むと多少時代設定が古く感じられるのに対し、「横浜ではまだキスをしない」はそれを今の時代に置き換えてくれていて、例えば樋口作品によく登場していたバイクやスポーツタイプの自転車に代わって、電動アシスト自転車が登場。これまでは主人公が自転車の後部座席にヒロインを乗せ目的地へ・・・というシーンがありましたが、さすがに二人乗りが普通に許された時代と違って、現代にはそぐわない。というわけでそれに代わり主人公とヒロインが電動アシスト自転車でツーリングするといった展開に置き換わっていますが、それがまた印象的その電動アシスト自転車を母子家庭で金銭的にに恵まれているといえない主人公がなぜ手に入れているかという理由や、それを発端にしたヒロインとの出会いも印象的に描かれています。

そしてこの「横浜ではまだキスをしない」では魅力的なヒロインが登場します。以前このブログで「ぼくと、ぼくらの夏」のヒロインである酒井麻子のことをべた褒めした記憶があるのですが、この「横浜ではまだキスをしない」の村崎明(メイ)はそれ以上に魅力的なヒロインでした。彼女は気まぐれでびっくり箱のような行動をするアッパー系不思議ちゃんお嬢さまなのですが、数多く美少女ゲームをプレイしているぼくでも、このメイ以上に魅力的な不思議ちゃんに出会った記憶はありません。まあこれはぼくがいわゆる「空気の読めないヒロイン」がストライクゾーンから大きく外れていることが大きいのですが、そんなぼくでもこのメイには大きく惹かれました。というのもメイのいわゆるワガママともいえる言動に対する、主人公のツッコミが絶妙なのですね。これがメイにただ振り回されるだけでは、メイの「空気が読めない」部分が欠点として目立つことになったでしょう。もちろん別に新たに創造したわけでなく、樋口作品にはお馴染みの主人公像なのですが、そういった意味でこの主人公とは、メイの台詞ではないですが「相性ピッタリ」だったといえるのです。
そんなメイ以外にも魅力的な女性がこの作品には登場します。あまり深く説明するとネタバレになってしまうので触れませんが、主人公がメイのような(外見では)可憐なお嬢さまに懐かれても舞いあがったりしなかったのも、理由があったりします。そういった意味でこの作品に登場する人物の配置はぼくの呼んだ樋口作品の中でも出色といっていいと思います。このミステリーを読んでもはや大昔といっていい青春時代を思い出す・・・いやウソです。ぼくの青春は灰色いや黒色に覆われていて、こんな経験なんてあるわけがない。もちろんメイのような少女と付き合うなんてことはなく、話したいや出会ったことがすらない・・・

というわけで経験できなかった甘酸っぱい青春時代をせめてゲームの中だけでもと思って、積んであったアオナツライン(戯画)を始めることにします。果たしてメイ以上に魅力的なヒロインと出会えるのか・・・批評空間をみると最近の戯画作品の中ではダントツといっていい高評価で、その可能性は低くないと思っているのですが。  

Posted by 7月の魚 at 10:18Comments(0)TrackBack(0)美少女ゲーム

2019年07月04日

牌効率どおり打ったご褒美

最近リアル麻雀は不振続きで、最近2ヶ月の成績は7-4-12-6と大きくマイナス。天鳳でもそうなのですが3着が多いのが悩みの種で、勝ち味が遅いのはラス回避のために右往左往する天鳳の悪いクセが付いているのかもしれません。
といって天鳳でも決して好調といえず、むしろ絶不調で本垢は5段原点付近をウロウロ。これでは再度7段に昇段して今度こそ鳳凰卓に・・・なんて大口を叩けません。

そんな特上卓サブ垢での一局。前局に7700点を振り込んでラス目に転落してのオーラスの親。16400点持ちですが、誰もがまだ30000点を越えていないという混戦。といっても3着目とは9300点差ですから、あまり安い手で上がっても自分の首を締めるだけといった苦しい状況。

2巡目で3シャンテンなら悪くないが果たしてどんな和了形を想定するか・・・

三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国六萬:麻雀王国三筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国八筒:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国九索:麻雀王国白:麻雀王国中:麻雀王国 ツモ八索:麻雀王国ドラ八筒:麻雀王国

(牌画ツールは麻雀王国より)

ぼくは九索:麻雀王国打。七索:麻雀王国引きは激痛ですが、ドラ2だけに初牌の役牌重なりも見逃したくない。というわけでタンヤオと役牌仕掛けの両天秤での打牌ですが、二兎を追う者は・・・ということにならなければと思って心配していました。

その後、3着目の対面から2つ仕掛けが入った7巡目

二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国八筒:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国 ツモ三索:麻雀王国

対面は恐らくテンパイでしょう。ただここは自分の手しか見なくていい場面で何を切るか。

少し前に購入した「ウザク式麻雀学習牌効率」P176によると「迷った時には亜リャンメン切り」という項がありましたが、トップ目ならともかくラス目で打点の種であるドラ切りはしたくない。とするとツモ切りか。ただ一目テンパイへの受入れ枚数が少なそう。
ぼくが選んだのは二索:麻雀王国打の雀頭固定。これも「ウザク式麻雀学習牌効率」P96に「中ぶくれはヘッド固定と好相性」という項があり、受入れ枚数の数は分からなくても、パッと見これが受入れ最大であることはぼくでも分かりました。

ただ2巡後のツモが裏目の一索:麻雀王国。歯ぎしりしながらツモ切った次ツモが五筒:麻雀王国
確かにテンパイですが、いかにも上がれそうにないシャンポン待ち。というかあの迷った局面で六萬:麻雀王国か>三索:麻雀王国なら一発でツモっていたわけでムードは最悪。
といってもここは足止めでリーチに行くしかないわけですが、他家は全員オリで当然の流局。

実はこの1局実を言うとリーチを掛けた局面で萬子は非常に高く(九萬:麻雀王国が2枚見えのみ)、ならば高い萬子の待ちを避ける意味でも六萬:麻雀王国打はあったかもしれません。

ちなみに天鳳位であるタケオしゃん作成の牌効率ツールで調べてみると
二索:麻雀王国は12種37枚でテンパイ。八筒:麻雀王国打は10種32枚に対し、六萬:麻雀王国打は9種29枚。ぼくの第1感だった三索:麻雀王国打は5種16枚でした。
つまり牌効率的には、裏目になったものの雀頭固定で間違いなかったわけです。

さて実を言うと流れ1本場は8巡目に索子のホンイツ役役ドラ1のマンガンをツモ上がりして逆転トップ。(オカルトになるのですが)天鳳は牌効率どおりに打ち、こうやって裏目に出たとしても、次の局でそのお返ししてくれる確率が高いように思うのです。まあそう思わないと一生懸命麻雀戦術本を読んでいる甲斐がありませんから(笑)。まあこの局は2巡目でトップ目の上家が早々チートイのテンパイを入れていた(それで鳴きたい索子を下ろしてくれた)のですが、単騎待ちの牌を入れ替えて上がり逃しをしていたという助けがあったのですけどね。  

Posted by 7月の魚 at 19:05Comments(0)TrackBack(0)麻雀