2021年05月02日

このトリックを創造した価値

以前批評空間で3-days Marriage ~光源氏の恋人~(Nail)というゲームの感想を書いたとき、同じ源氏物語を下敷きにした作品として薫大将と匂の宮というミステリーに触れたことがあります。
まあ触れたといってもタイトルだけで、3-days Marriage ~光源氏の恋人~が源氏物語とは明らかに違う世界・・・というより源氏物語のアンチテーゼ的な世界観で形成されていて、薫大将と匂の宮をタイトルだけとはいえ例えとして名前をだしてしまったことに、悔いを残した部分はありました。
といって薫大将と匂の宮をぼくが読んだのは相当昔のことで、細部についてあやふやなまま紹介してしまうというのは間違っているしと悶々としていたものですが、なんと創元推理文庫から復刊していたのですね。
創元推理文庫は本屋に行くとコーナーを必ずチェックしているぼくにとって、それに気づいたのがつい最近のことだったというのは、うかつこの上ないのですが、本屋で偶然見つけたときには小躍りしてレジに持っていきました。

さてこの文庫本の解説によると、この薫大将と匂の宮を著者の岡田鯱彦氏が「宝石」誌に発表したのは昭和25年のことで、半世紀どころか70年前。当然ぼくも初出誌で読んだわけがなく、確かまだ中学生か高校生の頃に図書館で読んだと思ったのですが、それがどこの出版社だったのかまったく記憶がありません。ただその時読んでトリックについてはそれほど印象に残らなかった覚えはありました。


(ここからネタバレ)


というのも、この薫大将と匂の宮より少し前にある山上たつひこ氏の喜劇新思想大系を読んでいて、その中のある話(残念ながらタイトルが思い出せない・・・ただ覚えている内容をWikliで調べるととタイトル名から恐らく聖女懐妊ではないかと思われる)が非常に印象に残っていて、その話で犯人が用いたトリックとこの薫大将と匂の宮の犯人のトリックが似通っていたのである。そしてぼくはその喜劇新思想大系の犯人のトリックに背筋が凍るような思いをしたので、薫大将と匂の宮の犯人のトリックがどうも落ちるように思ってしまったのです。
実際、喜劇新思想大系の他の話は全く思い出せないのに対し、この一本だけ(もし聖女懐妊だとすれば前後編となりますが)はいまだにぼくの頭の中にこびりついているのですね。それに比べると薫大将と匂の宮のはサスペンス的面白さは感じられませんでした。それで印象が薄くなってしまったということはあります。
ただよく考えると、岡田鯱彦氏が作品を発表したのが昭和25年で、山上たつひこ氏が喜劇新思想大系を発表したのが昭和47年頃ですから、20年以上後のことで、あのトリックを昭和25年当時に発表したこと自体に価値があるということに今になって気づきました。実際このトリックはDNA鑑定が珍しくなくなってきた現代になって、この薫大将と匂の宮のトリックを応用したミステリーが発表されているのを見ると、70年も前に源氏物語の書かれた平安時代を舞台としたミステリーを発表した岡田鯱彦氏の先進性が分かる気がします。


(ここから更にネタバレ)


この薫大将と匂の宮はタイトル名が示すように、源氏物語で光源氏が物語から退場した後のいわゆる「宇治十帖」を題材にし、体から芳香を発するという不思議な特性を持つことから薫と呼ばれる源氏の子(実際の父は柏木では源氏と血の繋がりはない)と、いつも体に香を焚きこめて匂いを放っていることから匂宮という親友の間で起きる怪事件をめぐり、紫式部と清少納言が推理を戦わせるという、国文学者らしい著者しか発想できないミステリーです。匂宮は洛中に知られる色好みの人物で、薫がかつて思いを寄せていた橋姫の妹中君を北の方(妻)にしながら、橋姫の異母妹で薫が大事にしていた浮舟と関係を持ってしまう。ただ匂宮にとって女性を口説くのは人間が呼吸をするようなもので、悪気があってのことでないいうのが質の悪いところで、浮船は薫と匂宮との板挟みに悩み入水してしまう。
このいかにも事件が起きそうな出だしが実は宇治十帖の最終章「夢浮橋」のあらすじですが、実はこの宇治十帖は大団円といったはっきりとした結末を迎えてなく、後年別のf複数の作者がその後日談を創作(補作)しているぐらいらしい。
この薫大将と匂の宮もそういった補作の一つといえないこともないのです。そしてこの作品の一番大きな謎は、匂宮の愛人たちの寝室に薫の痕跡(芳香)が残っていて、匂宮の追求にも関わらず愛人たちは頑なに浮気を否定する。ただ薫と同じく常人以上に鼻の利く匂宮にとって、女性たちの部屋に薫が出没したのは明白で、女性が嘘をついていると思い込むのです。

ただこのあたりの料理方法については、ぼくの見立てでは喜劇新思想大系の方が上なのですね。喜劇新思想大系では男性と関係していないと訴える女性が、なぜか妊娠してしまうという事件が多発するという謎が主題で、普通なら女性が嘘を言っているとしか思えないでしょう。この不可能味がぼくには非常に新鮮そして犯人の狡知が恐怖にに感じられたのです。
この喜劇新思想大系のトリックを知っていたため、ぼくは犯人はともかく、薫大将と匂の宮のトリックは見当が付いてしまいました。だからつい薫大将と匂の宮のトリックは弱いなんてことを不遜にも思ってしまったくらいなのです。
ただよくよく考えてみると、このミステリーの価値はトリックの優劣で語られるものでなく、薫と匂宮という2人の人物設定を用いたトリックを創造したということに価値があるのです。ぼくは源氏物語の造詣が薄いものですから、はっきりと断言できないのですが、いかにも源氏物語の登場人物らしい動きをこのミステリーでしてくれるのですね。これは国文学の第一人者で源氏物語を深く読み込んだ作者だからこそでしょう。もしぼくが源氏物語を深く読み込んでいたとすれば、もっとこのミステリーを楽しめたと思うのですね。
氷室冴子の軽い平安王朝ものとはまた違ったこの本格翻案小説について、もし源氏物語をよく知る人が読んだとしたらどんな感想を持つのか、一度聴いてみたい気もしています。  

Posted by 7月の魚 at 07:27Comments(0)TrackBack(0)ミステリー

2019年07月11日

あの素晴らしい世界をもう1度

出版業界では最近電子書籍が主流になってきているらしいのですが、保守的なぼくの頭の中ではいまだに紙媒体。そしてAmazonや楽天などのネット書店を利用することはほとんどなく、いまだに本屋での購入にこだわっています。
といってもぼくが子供のころに利用していた町の本屋町のだけでなく、いわゆる郊外型の本屋のまでも現在閉店してしまっていて、少し遠い大手のチェーン店に行くしかないのですが、それでも立ち読みして内容を確かめられる利点は何者にも変えがたいのですね。
特に最近よく購入する麻雀本は玉石混合で、実際目を通してないと同じような内容(戦術)のもの・・・いわゆるカブリ・・・をしてしまうことが多い。もちろん著者によって切り口は違っていて、読んでみて全くの無駄というわけではないのですが、それでも実際目を通して購入した方が、失敗したとしても納得がいくというものです。
そして昔ほどではないですが、今でも2月に1度くらい購入しているミステリーの文庫本でも同様です。ぼくが作者名と紹介文だけ見て購入するのは、ぼくと同じ名古屋在住の太田忠司氏くらい(それでも2/3くらいは未読)で、他好きな作家は多くいますが、さすがに表紙だけ見てすぐレジに持っていく事はなく、軽く立ち読みしてぼくの趣味に合わなかったりしたらオミットするのです。その代わりよく知らない作者でも立ち読みして面白そうと思えば(創元推理文庫のものが多い)購入することも多いわけで、その中に拾い物があったりするのです。そういった作品の中で一番楽しめたのが映画化もされた(らしい)井上尚登の「ホペイロの憂鬱 JFL篇」(もちろん映画化前に購入、読了)で、こうした血生臭い殺人事件が起きない軽いミステリーがぼくのお気に入りなのですね。

そんなぼくが先日発売されたリツミサンの「超メンゼン主義麻雀」を購入しに行ったついでに文庫コーナーを歩いていると、棚の間に樋口有介氏の「横浜ではまだキスをしない」(ハルキ文庫)を発見。樋口有介氏といえばデビュー作の「ぼくと、ぼくらの夏」の評価を大きく改めてから、それまで出ていた著作を数本(「林檎の木の道」「月への梯子」ほか)購入したのですが、全く面白くないというほどではなかったものの、デビュー作以上のものはなかったというのがぼくの見立て。ただこの「横浜ではまだキスをしない」を手にとってあらすじを読んだとき、あの「ぼくと、ぼくらの夏」の世界が再び蘇ってきた印象がありました。

実のところ、ぼくが思っている樋口有介氏の作品というと、非常に良く似た設定が多く「ぼくと、ぼくらの夏」は父子家庭だったのに対し、「林檎の木の道」は母子家庭。いずれもその親が家庭的に問題がある人物で、そのためか主人公が中高生に似つかわしくないシニカルな思考をしたり,・・・と何かパターン化されているような気がします。そして今回の「横浜ではまだキスをしない」もそれを踏襲し、主人公は母子家庭で性格もほぼ同様。それをワンパターンと見るかどうかは別として、作者が得意としている世界であり、薬籠中のものであることが分かります。
その「横浜ではまだキスをしない」ですが、過去作と同じく「古い革袋に新しい酒を盛る。」という結果になるかと思いましたが、今回は違いました。

といってもこの作品、狭義の意味でのミステリーとして見ると、「ぼくと、ぼくらの夏」以上に謎解き要素は薄い。またご都合主義とも取られかねない設定(突然現れた腹違いの姉が警察官で、主人公(高校生)に重要情報を漏らしてくれたり、10年ぶりに逢った幼馴染が超上流階級のお嬢さまで警察上層部に顔が利いたりなど)もあって、トリック至上主義の人だけでなく、普通の推理小説マニアが見ても眉を顰めてしまうかもしれません。その上このミステリーの主眼の1つである猫に乗り移った少女の正体については、ぼくのような勘の鈍い人間でもおおよそ見当が付いてしまいました。

それでもこの作品が面白く感じられたのは、「ぼくと、ぼくらの夏」が現代の感覚で読むと多少時代設定が古く感じられるのに対し、「横浜ではまだキスをしない」はそれを今の時代に置き換えてくれていて、例えば樋口作品によく登場していたバイクやスポーツタイプの自転車に代わって、電動アシスト自転車が登場。これまでは主人公が自転車の後部座席にヒロインを乗せ目的地へ・・・というシーンがありましたが、さすがに二人乗りが普通に許された時代と違って、現代にはそぐわない。というわけでそれに代わり主人公とヒロインが電動アシスト自転車でツーリングするといった展開に置き換わっていますが、その電動アシスト自転車を母子家庭で金銭的にに恵まれているといえない主人公がなぜ手に入れているかという理由や、それを発端にしたヒロインとの出会いも印象的に描かれています。

そしてこの「横浜ではまだキスをしない」では魅力的なヒロインが登場します。以前このブログで「ぼくと、ぼくらの夏」のヒロインである酒井麻子のことをべた褒めした記憶があるのですが、この「横浜ではまだキスをしない」の村崎明(メイ)はそれ以上に魅力的なヒロインでした。彼女は気まぐれでびっくり箱のような行動をするアッパー系不思議ちゃんお嬢さまなのですが、数多く美少女ゲームをプレイしているぼくでも、このメイ以上に魅力的な不思議ちゃんに出会った記憶はありません。まあこれはぼくがいわゆる「空気の読めないヒロイン」がストライクゾーンから大きく外れていることが大きいのですが、そんなぼくでもこのメイには大きく惹かれました。というのもメイのいわゆるワガママともいえる言動に対する、主人公のツッコミが絶妙なのですね。これがメイにただ振り回されるだけでは、メイの「空気が読めない」部分が欠点として目立つことになったでしょう。もちろん別に新たに創造したわけでなく、樋口作品にはお馴染みの主人公像なのですが、そういった意味でこの主人公とは、メイの台詞ではないですが「相性ピッタリ」だったといえるのです。
そんなメイ以外にも魅力的な女性がこの作品には登場します。あまり深く説明するとネタバレになってしまうので触れませんが、主人公がメイのような(外見では)可憐なお嬢さまに懐かれても舞いあがったりしなかったのも、理由があったりします。そういった意味でこの作品に登場する人物の配置はぼくの呼んだ樋口作品の中でも出色といっていいと思います。このミステリーを読んでもはや大昔といっていい青春時代を思い出す・・・いやウソです。ぼくの青春は灰色いや黒色に覆われていて、こんな経験なんてあるわけがない。もちろんメイのような少女と付き合うなんてことはなく、話したいや出会ったことがすらない・・・

というわけで経験できなかった甘酸っぱい青春時代をせめてゲームの中だけでもと思って、積んであったアオナツライン(戯画)を始めることにします。果たしてメイ以上に魅力的なヒロインと出会えるのか・・・批評空間をみると最近の戯画作品の中ではダントツといっていい高評価で、その可能性は低くないと思っているのですが。  

Posted by 7月の魚 at 10:18Comments(0)TrackBack(0)ミステリー